東京駅で白い恋人が買える場所はどこ?

※当サイトにはプロモーションが含まれています

東京駅 東京駅

皆さんは白い恋人というお菓子を食べたことはありますか?
白い恋人はチョコレートをラング・ド・シャ(フランス伝統の焼き菓子)ではさんだ洋菓子で、北海道を代表する銘菓として絶大な人気を誇っています。

北海道に旅行や出張に行った方のお土産としていただくことも多いですよね。

さて、そんな白い恋人ですが、いざ食べたい!となったとき、買える場所はそれほど多くないようです。

今回は東京駅付近で買える場所があるのかどうか、調べてみました!


東京駅のキヨスクで買える人気のお土産ランキングはこちら!
お土産探しの参考にしてくださいね。

白い恋人ってどんなお菓子?

白い恋人は北海道札幌市の菓子メーカー、石屋製菓が製造・販売している洋菓子です。

チョコレートをラング・ド・シャでサンドした白い恋人は、北海道らしい商品イメージとクセになる美味しさ、その特徴的なネーミングで爆発的なヒットとなり、北海道土産と言えば白い恋人と連想されるまでになりました。

名前の由来はスキーの帰り道に創業者が何気なく言った一言。
「白い恋人たちがふってきたよ。」
この言葉が、そのままこのお菓子の名前になって白い恋人が誕生したそうです。

東京駅で白い恋人を買える場所はある?

東京駅には石屋製菓が「ISHIYA G エキュート東京店」という店舗を出店していますが、購入できるのは「サク ラング・ド・シャ」という商品です。

サク ラング・ド・シャはどんなお菓子?

6種類のチョコレートを色とりどりのラングドシャでサンドしたサク ラング・ド・シャは石屋製菓ならではの北海道スイーツです。

白い恋人はチョコレートをラングドシャでサンドしてありますが、サク ラング・ド・シヤは味ごとにチョコレートだけでなくラングドシャも味が違います。
「キャラメル」「北海道チーズ」「北海道ワイン」「ジャンドゥーヤ」「ミルク」「抹茶ミルク」と6種類もあるので、どれを買おうか迷っちゃいますよね。

またパッケージもカラフルで、手土産にもピッタリ!
白い恋人をいろんな味で楽しめるということで、お土産に持っていくととても喜ばれるお菓子です。

サク ラング・ド・シャはどんな味?

サク ラング・ド・シャは白い恋人をベースにしています。
また北海道で製造したものを東京に運んでいるので、味の方は間違いなく美味しいです。
それぞれ実際に食べてみた感想です。

キャラメル

キャラメルをブレンドしたオリジナルチョコレートに、オホーツクの塩を混ぜているそうです。
パッケージを開けると、ふわっとキャラメルの香りが漂います。
キャラメルは甘すぎず、しかしキャラメルの風味が十分に感じられる、そんな優しい仕上がりになっています。

北海道チーズ

北海道十勝産のゴーダチーズを練りこみ、オホーツクの塩を利かせたチョコレートを、レモン風味のラング・ド・シャでサンドしてあるそうです。
チーズの風味は強くありませんが、確かなコクを感じることができます。
口の中に入れると、さわやかなレモンの味わいが広がります。

北海道ワイン

北海道産ワインのチョコレートをぶどう風味にラング・ド・シャでサンドしてあるそうです。
袋を開けたとたんにワインのなんとも言えない良い香りが漂います。
サク・ラング・ドシャの中では一番香りが感じられますね。

ラングドシャの色合いもきれいで、味わいも上品。
高級感あふれる逸品に仕上がっています。

ジャンドゥーヤ

チョコレートとラング・ド・シャの両方にトルコ産ヘーゼルナッツが使用されているそうです。
ナッツの香ばしい食感がよく感じられる味わいになっています。
ナッツ好きな方にはぜひ召しあってほしい一品です。

ミルク

オリジナルブレンドのミルクチョコレートは北海道産ミルクたっぷりでコクのある味わいとのこと。
確かにミルクの豊潤な味わいが感じられます。
サク・ラング・ドシャの中では最もベーシックでシンプルな甘みを楽しめます。

抹茶ミルク

西尾の抹茶を加えたホワイトチョコレートを、ほんのり抹茶風味のラング・ド・シャでサンドしてあります。
ラングドシャとチョコレートがベストマッチして、深い味わいが感じられます。

ISHIYA G エキュート東京店の場所は?

ISHIYA G エキュート東京店は、エキナカ商業施設であるエキュート東京にあります。

改札内店舗のため、JRを利用しない方は入場券150円が必要です。
購入した時刻から2時間有効で、Suica(および全国の交通系ICカード)も利用可能です。

エキュート東京の場所は丸の内中央口と丸の内南口のちょうど真ん中あたり、東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線南のりかえ口前にあります。
※新幹線のりかえ口は南のりかえ口と北のりかえ口があるので間違わないようにしましょう。

ISHIYA Gは資生堂パーラーと和楽紅屋の間にあります。
営業時間は月曜から土曜が8時から22時まで、日祝が8時から21時までとなっています。

普通の白い恋人は売ってる?

では白い恋人はどこで購入することができるのでしょうか?

残念ながら2024年2月現在、東京駅周辺で白い恋人を常時販売している店舗はありません。

東京駅八重洲にある「北海道フーディスト」やお台場にある「北海道うまいもの館 ダイバーシティ東京店」で白い恋人が販売されることがありますが、あくまで期間限定での取り扱いであり、常時販売しているわけではないようです。

同じく有楽町や池袋にある北海道の公式アンテナショップ「北海道どさんこプラザ」でも、白い恋人は期間限定での販売となっています。

念のため石屋製菓さんに聞いてみたところ「北海道以外で白い恋人を取り扱っている店舗は、
(空港の免税店を除き)現在ございません。」と教えていただけました。

上記店舗で期間限定の販売があったり、北海道物産展で白い恋人が販売されていることがあるので、こまめにチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

東京からは遠いですが、神奈川県川崎市川崎区と横浜市都筑区にある「北海道物産展 ぐるめどさんこ市場」では年間を通して白い恋人が販売されています。ただし曜日、時間帯によっては売り切れている場合があります。
※掲載時点の情報です。今後変更になる可能性があります。

ネットショッピングで購入が便利

白い恋人を食べたいけど北海道に行く予定がない!
という方には、ネットショッピングがおすすめです。
アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングで白い恋人の取り扱いがあります。

北海道のお土産ナンバー1に推す人も多いじゃがポックルもネットで購入できます。
塩加減が絶妙でポテトのうま味を存分に感じられるお菓子です。

まとめ

残念ながら東京駅周辺では白い恋人を購入できる場所はありませんでしたが、エキュート東京で石屋製菓のサク ラング・ド・シャを購入することができます。

また白い恋人はオンラインショッピングで購入できるので、お取り寄せしてみてはどうでしょうか。
ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました