東京駅で崎陽軒のシウマイ弁当が買える店はどこ?(改札内、改札外)

※当サイトにはプロモーションが含まれています

東京駅 東京駅

突然ですが、皆さんは崎陽軒のシウマイ弁当を食べたことがありますか?

横浜市に本社がある崎陽軒が1954年に「シウマイ弁当」と名づけて売り出したこの駅弁は、今では横浜名物として親しまれるようになっています。

そんなシウマイ弁当ですが、実は東京駅でも買うことができるんです。

そこで今回は東京駅で崎陽軒のシウマイ弁当を買える店舗と、その営業時間をまとめてみました。


東京駅のキヨスクで買える人気のお土産ランキングはこちら!
お土産探しの参考にしてくださいね。

崎陽軒のシウマイ弁当のお値段は?美味しい?

シウマイ弁当の値段は2024年1月現在、税込で950円です。

入っているものは俵型ご飯、シウマイ5個、鮪の漬け焼、かまぼこ、鶏の唐揚げ、玉子焼き、筍煮、あんず、切り昆布&千切り生姜と盛りだくさんです。

これだけおかずがバリエーション豊かな駅弁も珍しいのではないでしょうか?

またシウマイ弁当は、ごはんが冷えたままでも美味しく食べられるのが特徴だと思います。
このあたりはさすが駅弁という感じですよね。

東京駅で迷わないためのポイント

(東京駅は何度も来ていて、地理は分かっているよという方は飛ばしてください)

ポイント1 長方形の形で丸の内口、八重洲口をイメージする

頭の中で縦に長い長方形を思い浮かべてください。
それが東京駅の大雑把な形です。長方形の上は北、下は南です。

長方形の左側が丸の内口です。まっすぐ行くと皇居があります。
丸の内は上から北口、中央口、南口の3つに分かれます。
駅の案内表示は丸の内北口、丸の内中央口という表示なので、自分がどこにいるのかわかりやすいですね。

長方形の右側は八重洲口です。
まっすぐ行くと日本橋、八丁堀、隅田川があります。
こちらも丸の内と同様に上から北口、中央口、南口の3つに分かれます。
駅の案内表示は八重洲北口、八重洲中央口といった表示になります。

丸の内口は長方形の左側(西側)、八重洲口は長方形の右側(東側)と覚えましょう。

ポイント2 地上1階の丸の内口と八重洲口を結ぶ通路を把握する

地上1階の丸の内口と八重洲口は、通路でつながっています。
北口同士をつなぐ北通路
中央口同士をつなぐ中央通路
南口同士をつなぐ南通路
の3本の大きな通路があります。

ポイント3 地下にいるのか、地上にいるのか、改札の中か外か

東京駅は地下1階と地上2階があります。
自分がどのフロアにいるのか把握しておくのも大事です。

また改札の中にいるのか外にいるのかも把握しましょう。
新幹線の改札を出たからと言って、そこが改札外とは限りません。
JR改札内ということがありますので、注意しましょう。

東京駅の新幹線ホームでシウマイ弁当を買える場所

18・19番線ホーム 6号車付近「デリカステーション」

■営業時間は6時から21時30分まで(お弁当類の入荷は7:00-7:30を予定)

場所は東海道・山陽新幹線の18番19番ホームの6号車付近付近です。
新幹線ホームで購入できるのはここだけです。

東京駅の新幹線改札内でシウマイ弁当を買える場所

ギフトキヨスク八重洲中央南口

■営業時間は6時40分から21時50分まで

東京駅の新幹線乗り場は「北口・中央口」「南口」「日本橋口」に分かれています。
こちらの店舗は東海道・山陽新幹線の「南口」改札内にあります。
お土産もたくさん置いてあり、ワンストップでいろいろ買えて便利です。

ギフトキヨスク東京南待合

■営業時間は6時40分から21時50分まで

東海道・山陽新幹線の「南口」改札内待合室にあります。

キヨスク東京改札10号

■営業時間は6時から21時55分まで

東海道・山陽新幹線の「北口・中央口」改札内にあります。
崎陽軒のホームページでは「キヨスク東京改札10号」となっていますが、キヨスクのホームページでは「ギフトキヨスク東京中央乗換」と記載されている店舗です。

東京旬菜中央1

■営業時間は5時30から22時まで(お弁当類の入荷は7:00-7:30を予定)

東海道・山陽新幹線の「北口・中央口」改札内、14番15番ホームへのエスカレーター付近にあります。

デリカステーション東京南コンコース

■営業時間は5時30分から22時まで

東海道・山陽新幹線の「南口」改札内、14番15番ホームへのエスカレーター付近にあります。

東京駅の在来線改札内でシウマイ弁当を買える場所

崎陽軒グランスタ東京店

■営業時間は8時から22時まで(日・祝日は8時から21時まで)

百貨店店舗とシウマイBARを除くと、東京駅で唯一の直営店舗です。
グランスタ東京の各店舗は、地上1階(改札と同じフロア)と地下1階の店舗に分かれます。
崎陽軒グランスタ東京店は、地下1階改札内のスクエアゼロエリアにあります。
お弁当・総菜店舗が集まったエリアで、「とんかつまい泉」や「浅草今半」などの並びにあります。

HANAGATAYA各店舗

HANAGATAYAは東京近郊のJR駅ナカにある、お弁当やお土産を販売している小売店です。
HANAGATAYAは在来線改札内にあります。東北新幹線や長野新幹線利用の方は、新幹線改札内でシウマイ弁当を購入できる場所がないため、あらかじめ在来線改札内で購入しておきましょう。

いずれの店舗もお弁当の入荷は7時から7時30分予定となっています。

・HANAGATAYA東京中央
■営業時間は6時30分から22時まで
丸の内中央口と八重洲中央口をつなぐ中央通路のちょうど真ん中に位置する店舗です。
HANAGATAYAグランスタ東京中央通路店のはす向かいにある店舗です。

・HANAGATAYAグランスタ東京中央通路店
■営業時間は7時から21時30分まで
丸の内中央口と八重洲中央口をつなぐ中央通路のちょうど真ん中あたりに位置する店舗です。
HANAGATAYA東京中央のはす向かいにある店舗です。

・HANAGATAYA東京南
■営業時間は月~水曜6時15分から21時30分、木~日・祝日は6時15分から22時まで
丸の内南口と八重洲南口をつなぐ南通路のちょうど真ん中あたりに位置する店舗です。

・HANAGATAYA東京八重洲南口
■営業時間は6時から22時まで
丸の内南口と八重洲南口をつなぐ南通路のちょうど真ん中あたりに位置する店舗です。

・HANAGATAYA東京丸の内南
■営業時間は7時から22時まで

・HANAGATAYAグランスタ東京北通路
■営業時間は7時から21時まで
丸の内北口と八重洲北口をつなぐ北通路のちょうど真ん中あたりに位置する店舗です。

東京駅の改札外でシウマイ弁当を買える場所

ギフトキヨスク東京

■営業時間は6時30分から22時30分まで

ギフトキヨスク東京は東京の「お土産」はもちろん、「ドリンク」「おにぎり」「サンドイッチ」など幅広い商品を取りそろえている店舗です。
場所はJR八重洲中央口改札そば、新幹線八重洲南口改札横となります。
すぐ近くに「グランドキヨスク東京」という別店舗があるので、間違わないようにしましょう。

プレシャスデリ東京

■営業時間は6時30分から22時30分まで

プレシャスデリ東京は、こだわり抜いた食材・素材の上質な弁当や総菜、おにぎり・サンドイッチや東京土産などバラエティ豊かな商品を取り扱っている店舗です。
場所はJR八重洲北口改札そば、新幹線八重洲北口改札横となります。

ベルマートキヨスク丸の内中央ビル

■営業時間は月~金曜が6時30分から23時まで(土日祝は6時30分から22時まで)

ベルマートキヨスク丸の内中央ビルは、淹れたてコーヒーやドーナツ、弁当、ドリンク、たばこも取扱っているコンビニ感覚で利用できるキヨスクです。
場所はJR東京駅日本橋口そばです。
日本橋口は八重洲北口をさらに北の方に行ったところにあります。

日本橋高島屋店

■営業時間は10時30分から19時30分まで

東京駅八重洲北口から徒歩5分の場所にあります。地下1階食料品の弁当・総菜コーナーです。

日本橋三越本店

■営業時間は10時30分から19時30分まで

日本橋三越本店は東京駅から徒歩10分の場所にあります。本館地下1階、食料品の弁当・総菜コーナーです。

大丸東京店

■営業時間は10時から20時まで

大丸東京店は東京駅直結の百貨店です。
八重洲北口を出たところすぐにあるので、アクセスが良く迷う心配はありません。
地下1階、お弁当ストリートにあります。

シウマイならネットショッピングで購入できる!

崎陽軒のシウマイを食べてみたいけど、売っている場所が近くにない!
売り切れで買えなかった!
という方にはオンラインショッピングが便利です。

アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングで崎陽軒のシウマイの取り扱いがあります。

同じ神奈川では、豊島屋の鳩サブレーも有名ですね。

鎌倉銘菓として近年有名になってきた鎌倉紅谷のクルミッ子もネットショッピングで買うことができます。

まとめ

東京駅の改札内、改札外で、崎陽軒のシウマイ弁当を買える場所をまとめてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました