東京駅でヨックモックが買える場所はどこ?

※当サイトにはプロモーションが含まれています

東京駅 東京駅

皆さんはヨックモックというお菓子をご存じでしょうか?
お中元やお歳暮のギフトとして、あるいはお土産としていただいたことがある方も多いかもしれません。

ヨックモックは洋菓子の製造・販売を手掛ける菓子メーカーであり、その展開ブランドです。
ラングドシャーやロールケーキなどさまざまなお菓子を製造していますが、有名なものはなんといっても「シガール」でしょう。
あの葉巻の形をしたクッキーは、誰もが一度は食べたことがあるはず。

さてそんなヨックモックですが、いざ食べたい!となったとき、買える場所はそれほど多くないようです。

今回は東京駅付近で買える場所はあるのかどうか、調べてみました!


東京駅のキヨスクで買える人気のお土産ランキングはこちら!
お土産探しの参考にしてくださいね。

ヨックモックってどんなお菓子?

ヨックモック株式会社は1969年設立の港区南青山に本店を置く洋菓子メーカーです。
ブランド「ヨックモック」を展開しており、代表商品である「シガール」は、半世紀以上人気を集めているロングセラー商品です。

社名の由来となっているのは、スウェーデンの首都ストックホルムから北へ約800kmの北極圏の線上にある、森と湖に囲まれた小さな町の名前(JOKK MOKK)。
そこにある温かい家庭の食卓にはホームメードのお菓子があり、その真心がこもった手作りのおいしさこそ洋菓子の真髄であるということで、社名にしたそうです。

こだわりの商品である「シガール」は豊かな風味と、サクッとした口当たり。そして繊細なくちどけが楽しむことができ、人々を虜にしています。
ロール状になっていることで、とても食べやすく、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

東京駅でヨックモックを買える場所はある?

東京駅周辺では2024年4月現在、次の店舗で購入することができます。

「HANAGATAYA東京店」
「東京駅一番街店」
「大丸東京店」
「日本橋高島屋店」
「日本橋三越本店」

東京駅で迷わないためのポイント

(東京駅は何度も来ていて、地理は分かっているよという方は飛ばしてください)

まずは東京駅の構造をざくっと把握しておく

旅行や出張で東京駅に来た方は、東京駅の大きさに驚くかもしれません。
慣れていないと一体自分がどこにいるのか、迷ってしまいます。

でも大丈夫。
東京駅は、新宿駅や渋谷駅に比べれば比較的シンプルな構造をしています。
まずは東京駅の構造を頭に入れておきましょう。

ポイント1 長方形の形で丸の内口、八重洲口をイメージする

頭の中で縦に長い長方形を思い浮かべてください。
それが東京駅の大雑把な形です。長方形の上は北、下は南です。

長方形の左側が丸の内口です。まっすぐ行くと皇居があります。
丸の内は上から北口、中央口、南口の3つに分かれます。
駅の案内表示は丸の内北口、丸の内中央口という表示なので、自分がどこにいるのかわかりやすいですね。

長方形の右側は八重洲口です。
まっすぐ行くと日本橋、八丁堀、隅田川があります。
こちらも丸の内と同様に上から北口、中央口、南口の3つに分かれます。
駅の案内表示は八重洲北口、八重洲中央口といった表示になります。

丸の内口は長方形の左側(西側)、八重洲口は長方形の右側(東側)と覚えましょう。

ポイント2 地上1階の丸の内口と八重洲口を結ぶ通路を把握する

地上1階の丸の内口と八重洲口は、通路でつながっています。
北口同士をつなぐ北通路
中央口同士をつなぐ中央通路
南口同士をつなぐ南通路
の3本の大きな通路があります。

ポイント3 地下にいるのか、地上にいるのか、改札の中か外か

東京駅は地下1階と地上2階があります。
自分がどのフロアにいるのか把握しておくのも大事です。

また改札の中にいるのか外にいるのかも把握しましょう。
新幹線の改札を出たからと言って、そこが改札外とは限りません。
JR改札内ということがありますので、注意しましょう。

HANAGATAYA東京店でヨックモックを買う

JR東京駅の改札内で買うならこちら!

丸の内南口と八重洲南口をつなぐ「南通路」のちょうど真ん中あたりにあります。
新幹線の南乗り換え口が目の前にあります。
周囲には「PRESS BUTTER SAND」や「千疋屋総本店」「ポケモントウキョウステーション」などがあるので、目印にしましょう。

JRの改札内でヨックモックを購入できるのはここだけです。
営業時間は6時30分から21時30分まで。

東京駅一番街店でヨックモックを買う

東京駅一番街は東京駅八重洲口に直結した商業エリアです。
和菓子や洋菓子、テレビやアニメにちなんだキャラクターグッズなどの東京土産から、ラーメンや全国各地のご当地グルメまで、バラエティ豊かなショップが集結しています。

ヨックモック東京駅一番街店は地下1階にあります。
八重洲地下中央口改札から少し北の方に向かったところ、「資生堂パーラー」や「あんみつ みはし」「京橋千疋屋」の並びにあります。

東京駅一番街店には、この店舗でしか購入できない限定商品があります。

・ヨックモックの手作りクッキーシュー ~薫る八丈フルーツレモン~
(税込496円、※プレーンは税込432円)
八丈フルーツレモンを使ったカスタードクリームがたっぷり入っています。シュー生地にはラングドシャーがのっていて、サクサクした軽い食感と歯ざわりを楽しめます。

手作りクッキーシューの販売開始時間は13時、17時の1日2回です。
確実にゲットしたい方は早めに並ぶようにしましょう。

・南青山ロール 八丈フルーツレモン&クリームチーズ (税込1404円)
しっとりふわふわの生地に、クリームチーズが入ったコクのある滑らかなクリーム、甘酸っぱい味わいのジャムが入っています。軽い口あたりのロールケーキです。

営業時間は9時から20時30分までです。

大丸東京店でヨックモックを買う

大丸東京店は東京駅直結の百貨店です。
八重洲北口を出たところすぐにあるので、迷う心配はありません。

ヨックモックを販売しているヨックモック大丸東京店は、1階食品フロアの和洋菓子を販売している店舗の一角にあります。
リーフパイで有名な「銀座ウエスト」、クルミッ子で有名な「鎌倉紅谷」の近くです。
営業時間は10時から20時です。

髙島屋日本橋店でヨックモックを買う

日本橋高島屋は東京駅八重洲北口から徒歩5分の場所にあります。
行き方は
①八重洲北口を出て外堀通りを横断
②さくら通りを中央通りに向かって直進する
③中央通りを横断した角が日本橋高島屋本館
となります。

ヨックモック髙島屋日本橋店は本館地下1階の食料品フロア、洋菓子コーナーにあります。
見つからない場合は野菜ジューススタンドの「べジテリア」、サブレ専門店の「サブレヤ」が近くにあるので、目印にして探すと分かりやすいです。
営業時間は10時30分から19時30分です。

高島屋東館にはポケモンセンタートウキョーDXやポケモンカフェ(事前予約制)もあります。
時間があれば立ち寄ってみたいおススメスポットです!

日本橋三越本店でヨックモックを買う

日本橋三越本店は東京駅から徒歩10分の場所にあります。

三越へは無料バスでも行けます。
東京駅八重洲北口を出て大丸百貨店を抜け、左に曲がるとすぐに「鉄鋼ビルディングバスターミナル」があります。
そこから無料の巡回バス「メトロリンク日本橋」が出ていますので、そちらを利用するのもおすすめです。降りる停留所は「地下鉄三越前駅」です。

ヨックモック日本橋三越本店は本館の地下1階、食品フロアの洋菓子コーナーにあります。
ヨックモックの百貨店第1号店のためか、限定商品が用意されています。
「フルール・フルール~宇治抹茶~」(税込1944円)
「フルール・フルール アソルティ~宇治抹茶~」(税込2700円)

また以前あったカフェは残念ながら移転のため閉鎖してしまったそうです。
営業時間は10時から19時30分です。

有名なライオン像、天女像、吹き抜けにあるパイプオルガン(2023年9月2日より演奏再開されました、演奏スケジュールはこちら)、屋上庭園など見所たくさん。
これぞ老舗百貨店!その空気感を味わいたい方はぜひ。

ネットショッピングで購入が便利

ヨックモックを買っている時間がない!
買い忘れてしまった!
食べたいけど近くに店舗がない!
という方には、ネットショッピングがおすすめです。
アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングでヨックモックの取り扱いがあります。

\スマイルSALE!/
Amazon
\本日は5と0のつく日!ポイント4倍!/
楽天市場

まとめ

東京駅周辺では東京駅一番街店や大丸東京店など、ヨックモックを買える場所はたくさんあります。
またJR東京駅改札内ではHANAGATAYA東京店で購入可能です。

ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました