横浜駅周辺でクルミッ子が買える場所はどこ?

※当サイトにはプロモーションが含まれています

横浜駅 横浜駅

皆さんはクルミッ子というお菓子を食べたことはあるでしょうか?

クルミッ子は新しい鎌倉の名物として、近年有名になってきた銘菓です。
テレビで取り上げられることも多いので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

さて、そんなクルミッ子ですが、いざ食べたい!となったとき、買える場所はそれほど多くないようです。

今回は横浜駅周辺で買える場所があるのかどうか、調べてみました!

クルミッ子ってどんなお菓子?

クルミッ子は超人気商品とは言うものの、まだまだ食べたことがないという方も多いのではないでしょうか?

クルミッ子は、鎌倉の老舗和菓子屋である鎌倉紅谷が製造、販売しているお菓子です。

特徴はやはり、クルミを使った商品だということ。
そのクルミをキャラメルで包み込み、バター生地で挟みこんであります。
食べてみるとサクサクとした食感で、バターやキャラメルの優しい甘さが口いっぱいに広がります。
クルミがぎっしりつまっているから、食べ応えも十分ありますね。

パッケージにはリスの絵があしらわれていて、かわいらしいと評判になっています。

横浜駅周辺でクルミッ子を買える場所はある?

クルミッ子は鎌倉名物。
ということは、鎌倉まで行かないと購入できないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。
横浜駅周辺で購入できる店舗があるのでご紹介いたします。

取り扱い店舗が変更になっている可能性があります。
また品切れしている店舗もあるのでご注意ください。

横浜高島屋でクルミッ子を買う

横浜駅には東西を結ぶ通路が大きく分けて3つあります。
「北通路」「中央通路」「南通路」の3つですが、そのなかで一番のメインコンコースとなるのが、「西口」と「東口」を結ぶ中央通路です。

中央通路を西口方面に進み、階段を下りて少し進むと左手に左手に横浜高島屋があります。
若干分かりにくいのですが、「バスのりば①②③」という表示のある階段の横の通路を入ります。

クルミッ子を販売している鎌倉紅谷は、「茅乃舎」や「プレスバターサンド」がある「FoodiesPort2」エリアではなく、つきあたりの短いエスカレーターをのぼった「FoodiesPort1」のエリアにあります。

そこが高島屋の地下1階、食料品売り場となっており、鎌倉紅谷は鳩サブレーの豊島屋の奥にあります。
営業時間は10時から20時までです。

直営店だけあって、クルミッ子のほかにも「あじさい」や「くるみとパイ」「クルミッ子キャラメルソース」など多彩に取り扱っています。
ただし、人気の切り落としや1個(バラ売り)は取り扱いがありません。
また売り切れてしまっていることも多く、午前中の早い時間で売り切れるらしいという話もチラホラ。

平日の14時に在庫があるか確認してみましたが、全種類完売していました!
14時では遅すぎたようです。手に入れたい方は早い時間に行きましょう。

そごう横浜店でクルミッ子を買う

そごう横浜店は横浜駅東口にあります。
高島屋とはちょうど反対方向で、中央通路を東口方面に進み、エスカレーターを下りてポルタ地下街をまっすぐ抜けます。
そうするとすぐにそごうの大きな正面入口が見えてきます。

クルミッ子を販売しているのはそごう横浜店地下2階にある「諸国銘菓 卯花墻」です。
全国津々浦々の地元で愛される銘菓を集めたセレクトショップで、クルミッ子は曜日を限定して販売されています。
まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

あまりにも人気過ぎて購入制限ができたようです。たくさん買おうと思っていた方は注意ですね。

2023年11月1日(水)から、販売日の変更に伴い購入数の制限を設けさせていただきました。

「鎌倉紅谷/クルミッ子」
常時販売:バラ(お一人さま10個まで)
水・土曜日販売:5個入、8個入(お一人さま合計3箱まで)

諸国銘菓 卯花墻 公式サイトより

営業時間は10時から20時です。

YCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)でクルミッ子を買う

YCATは横浜駅東口の横浜スカイビル1階にある、成田空港・羽田空港を中心に横浜と日本各地を結ぶバスターミナルです。
横浜駅を東口方面に向かい、エスカレーターを下りてポルタ地下街を抜けます。
そごう横浜店を左に見ながら右方向に進み、スカイビルの1階までエスカレーターを上ります。
スカイビル内に入ったところ、第一ロビー内にあるYCATショップでクルミッ子を販売しています。

毎日入荷するわけではなく、しかも入荷したらすぐに売り切れてしまうとのこと。
入手のハードルは高そうです。

営業時間は基本7時30分から16時となっています。

横浜駅で売り切れの場合には?

クルミッ子は人気商品のため、売り切れている場合が多くあります。
横浜駅から少し離れますが、ほかにもクルミッ子を販売している店舗があるので、行ってみるのもいいかもしれません。
以下横浜駅からおよそ40分以内にあるクルミッ子販売店舗です。

Kurumicco Factory The Shopでクルミッ子を買う

クルミッ子ファクトリーは、横浜ハンマーヘッド内にあるクルミッ子の製造工程を見学ができるカフェです。
ショップを併設しており、そこでクルミッ子を購入できます。

人気のクルミッ子切り落としを販売しているほか、限定デザインのクルミッ子5個入パッケージも取り扱っています。

クルミッ子ファクトリーは横浜ハンマーヘッドの2階にあります。
JR線を利用する場合は、横浜駅から桜木町駅まで行き、そこから徒歩15分です。
みなとみらい線を利用する場合は馬車道駅から徒歩10分、あるいはみなとみらい駅から徒歩12分です。

カフェで提供されている「クルミッ子パフェ」は、クルミッ子好きにはたまらない逸品です!
ぜひお試しあれ。ここで買えるクルミッ子のマグカップもかわいい!

営業時間は平日が11時から20時、土日祝は10時から20時です。
※カフェは11時から20時、ラストオーダー19時

鎌倉紅谷 幸浦店でクルミッ子を買う

こちらも鎌倉紅谷の直営店です。

横浜駅からJR根岸線で新杉田駅まで行き、そこでシーサイドラインに乗り換えて幸浦駅へ。
幸浦駅徒歩2分の場所に、鎌倉紅谷幸浦店があります。
リスを描いたビルが幸浦駅のホームから見えるので分かりやすいですね。

クルミッ子切り落としを販売していますが、状況に応じて開店時に店頭で整理券を配布することもあるそうです。

営業時間は10時から16時まで。土日、夏季、年末年始はお休みなのでご注意を。

都筑阪急でクルミッ子を買う

横浜駅から横浜市営地下鉄ブルーラインを使ってセンター北駅まで行きます。
センター北駅すぐそばにある阪急百貨店 都築阪急「銘菓銘品 日本の味」でクルミッ子を購入できます。
ただし、入荷日が決まっているので、あらかじめ公式サイトをチェックしておきましょう。

営業時間は10時から20時まで。

グランドキヨスク新横浜でクルミッ子を買う

新横浜駅にあるグランドキヨスクでもクルミッ子を購入できます。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

ヨコハマメモリーズでクルミッ子を買う

横浜駅から電車で一駅の桜木町にもクルミッ子を販売している場所があります。
日本で3番目に高い超高層ビルである横浜ランドマークタワーは、みなとみらい地区のシンボルになっていますが、その商業施設であるランドマークプラザの5階にあるヨコハマメモリーズでは、クルミッ子の販売があります。

アクセスはJR線、市営地下鉄を利用の場合には桜木町駅から動く歩道を使って徒歩5分。
みなとみらい線を利用の場合には、みなとみらい駅から徒歩3分です。

営業時間は10時から20時です。

ネットショッピングでクルミッ子を買う

アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングでクルミッ子の取り扱いがあります。
売り切れの心配がなく、確実に手に入れることができるのはうれしいところです。

昔ながらの鎌倉名物と言えば、やっぱり鳩サブレー!
バターをふんだんに使った優しい甘さ、サクサクとした食感はクセになります。

同じ神奈川では、崎陽軒のシウマイも有名ですね。

まとめ

横浜駅周辺では、横浜高島屋、そごう横浜店、YCAT、Kurumicco Factory The Shop、鎌倉紅谷 幸浦店、都築阪急、グランドキヨスク新横浜、ヨコハマメモリーズ ランドマークプラザ店でクルミッ子を購入することができます。

またオンラインショッピングでも購入できます。ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました