楽天ふるさと納税をやってみた!ポイントがザクザク貯まるやり方を解説

すき焼き ふるさと納税

こんにちは。ほどきち(@hodokichiblog)です

実質負担額2000円で高級なお肉や海産物、各地の名産品が手に入る「ふるさと納税」

ですが、いざやろうとするとどのサイトをを利用しようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

「さとふる」や「ふるなび」といったふるさと納税サイトはとても使いやすく便利ですが、ほどきちのおススメはズバリ「楽天ふるさと納税サイト」です

楽天ふるさと納税を利用すると、他では手に入らないぐらいの楽天ポイントが大量にゲットできます

今回は楽天ふるさと納税の簡単でわかりやすいやり方をご紹介するとともに、楽天ポイントを大量にゲットする方法を解説したいと思います

・どのふるさと納税サイトを使おうか迷っている方
・楽天ポイントがなかなか貯められない方
・ふるさと納税をはじめて利用しようと思っている方

そんな方のお役に立てれば幸いです

ふるさと納税とは何か?どれだけお得なのか?

まずはふるさと納税のおさらいです。すでにふるさと納税を利用していて、そのお得さを十分理解している方は飛ばしてください

ふるさと納税の実質負担額とは何か?

ふるさと納税は1月1日から12月31日までの寄付分に対して、翌年の税金が安くなる制度です

例えば、ほどきちの1年間のふるさと納税上限額は86,000円なので、今年86,000円分を自治体に寄付します
すると翌年の市民税、県民税が84,000円分下がります

寄付した86,000円に対して、税金が84,000円下がるので、差額2,000円がほどきちの負担になります

ふるさと納税は1年間に控除される寄付の上限額が決まっているので、12月31日までに控除上限額ぎりぎりまでの寄付をしておくのが賢い制度の利用方法です

ふるさと納税はなぜお得な制度なのか?

ここからが、ふるさと納税最大のお得ポイントです

先ほど寄付した86,000円に対して自治体からは返礼品がもらえます
この返礼品が2,000円の価値しかなければ、特にお得というわけではないのですが、、、

なんと、返礼品は寄付金額の30%相当の価値に設定されています
(自治体や品物によって異なります)
すなわち、ほどきちの場合は86,000円寄付しているので、約25,800円の品物が送られてくるというわけです

ふるさと納税は実質2,000円負担するだけで、お魚やお肉、お米、フルーツが何万円分ももらえちゃうという活用すればとてもお得な制度です

特に税金をたっぷり取られているサラリーマンほど帰ってくる金額は大きいです
ふるさと納税は、サラリーマンこそ利用したほうがいい制度といえます

ふるさと納税を始める前に用意するもの

源泉徴収票
・切手と封筒
・マイナンバーカード
クレジットカード
楽天ふるさと納税を利用するので、楽天カードがあるとポイントが大量にゲットできます。あらかじめ申し込んでおきましょう

こちらの記事でここで説明しきれないふるさと納税のやり方を詳しく解説しています。合わせてご覧ください

ふるさと納税サイトを使うメリットは?

ネットショッピングのように、他のものと比べてたくさんあるなかから、いいものを選びたい
そこで役立つのがふるさと納税サイトです

「さとふる」や「ふるなび」などのふるさと納税サイトは、各自治体が出している返礼品を集めて掲載しているので、選ぶときに本当に便利です

ふるさと納税サイトを利用するメリット

・各自治体のふるさと納税返礼品が比較できる
・控除額の登録ができるので、いくら申し込んでいくら枠が残っているのか把握しやすい
・住所を登録できるので「ワンストップ特例制度」の申請書を作るのがラク
・年末の時間がないときに複数のサイトを渡り歩く手間がはぶける

楽天ふるさと納税でポイントがザクザク貯まる

数あるふるさと納税サイトの中でも、一番のおススメは楽天ふるさと納税です

楽天ふるさと納税はSPU(スーパーポイントアッププログラム)適用

楽天ふるさと納税は楽天市場のシステムをそのまま利用しているので、楽天のサービスを使っているとポイントが何倍も帰ってくることになります

例えば1万円の寄付をした場合
・楽天会員だと100ポイント還元
・+楽天カードで支払えば300ポイント還元
・+楽天銀行を引き落とし口座にしていれば400ポイント還元

というように、楽天のサービスを使っていればいるほど、還元されるポイントは加速度的に増えていきます

楽天ふるさと納税は楽天お買い物マラソン対象

楽天ふるさと納税は楽天お買い物マラソン対象です

つまり買いまわりの対象となるので、ふるさと納税の申し込みはお買い物マラソンや楽天スーパーセールのときにしましょう

楽天お買い物マラソンとは1,000円以上の商品を複数のショップで購入すると、購入ショップ数に応じ、ポイント還元率が2倍、3倍とアップしていくキャンペーンのこと
1店舗で1倍、2店舗で2倍、3店舗で3倍とアップしていく
10店舗以上購入で購入商品すべてポイント10倍

買いまわりで注意することは?

買いまわりでもらえるポイントは上限で7,000ポイントです。寄付をするときは常に意識しましょう

買いまわりのコツは?

普段の買い物をふるさと納税の寄付するタイミングに合わせましょう
ふるさと納税だけでポイントアップをねらわずに、普段の買い物を組み合わせることで10倍還元をねらうのがコツです

まとめ

ふるさと納税は時間に余裕を持って、12月中旬までには申し込みを済ませましょう

それでは、ほどほどに。

タイトルとURLをコピーしました