節約生活で貯金を増やすサラリーマンの家計簿(2019年9月)

家計簿 サラリーマンの家計簿

こんにちは。ほどきち(@hodokichiblog)です

2019年9月分の我が家の家計簿を公開したいと思います

今月の貯金は28,000円

9月は収入が297,000円、それに対して支出は269,000円だったので、収支は28,000円の黒字でした

先月は94,000円の黒字だったのと比較すると、黒字額が大幅に減っています

なぜ9月は、ここまで支出がかさんでしまったのか?

答えは簡単で10月1日から消費税が10%になるため、前もって買えるものを買ったからです

節約を意識している方の中には、あらかじめ買いだめをした方も多いのではないでしょうか?
ほどきちも買いだめを徹底的にするつもりだったのですが、、、

忙しさにかまけて行き当たりばったりでの買い物になってしまい、買うつもりだった洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品はほとんど買うことができませんでした

ただ高額品は何点か8%のうちに買うことができましたので、その点はよかったかなと思います
では9月の家計簿の内訳です

2019年9月2018年9月
収入297,000288,000
支出 269,000280,300
支出内訳
家賃(補助)21,00021,000
食費76,00098,000
公共料金18,00017,000
被服費36,00024,000
日用雑貨62,00014,000
娯楽費30,00026,300
車整備費11,00067,000
携帯15,00013,000
収支+28,000+7,700

消費税が上がる前に買ったもの「掃除機」

日用雑貨で62,000円使いましたが、このうちの40,000円は掃除機を買った支出です

ここ最近、10年間使った掃除機の調子がおかしくなってきました

消費税が上がる前に新しく買おうということで、いろいろ検討した結果、シャープのラクティブエアという掃除機を買いました

おいおい、掃除機に4万もかけるなんて、どこが節約サラリーマンなんだ!?

いろいろ検討したんだよ。詳しくはこちらの記事を見てね

確かに安い掃除機なら1万円を切るものもたくさんあります

実際奥さんとも、「掃除機は1万円ちょっとが相場かな~?」という話をしていました
でもいろいろ考えて、触って、見比べて、そして実際に使ってみて思いました

4万円の掃除機、すごい!!

本体とホースが一体になった片手持ちのできるスティックタイプ

コンセントにつながなくていいバッテリータイプ

紙パックのいらないサイクロンタイプ

この組み合わせははっきり言って最強です

なぜ最強か?

それは気軽に掃除をしよう!!と思えるからです


掃除機を取り出す手間

掃除機を掃除する場所まで運ぶ手間

コンセントにつなげる手間

こういった手間が一切なくなります
ほどきちも体験して分かりました
まだ体験したことのない方は掃除の概念が変わると思います。ぜひお試しあれ


消費税が上がる前に買ったもの「ビジネスシューズ」

被服費に36,000円使っていますが、このうちの16,000円はほどきちの仕事用の靴を買いました
同じものを2足買ったので、1足8,000円です

1足8,000円の靴だと!?どこが節約サラ(ry

ほどきちがもう20年近く愛用しているビジネスシューズが、「リナシャンテバレンチノ」です

靴はなかなか選ぶのが難しく、自分にフィットするものを見つけるのは大変ですよね
ほどきちは幸い早い時期に「 リナシャンテバレンチノ」に出会い、買い換えるときも靴のブランドを覚えていたので、それ以来履き続けています

この靴を履いてみると、その履きやすさに驚きます
ストレスをまったく感じない、というのがこの靴のいいところだと思います

特に「3023」という品番がおススメです


[リナシャンテバレンチノ] プレーンタイプ TB3023 BL(ブラック/25.5)

掃除機も靴も楽天市場で買いました
楽天ならどんどんポイントが貯まるので、節約生活にはおススメです

まだ楽天カードをお持ちでない方はこちら

消費税が上がる前に買えなかったもの

ホームセンターで洗剤、柔軟剤、パイプクリーナー、整髪用ワックスなどなど、こまごまとした日用品を買っておくつもりでしたが、つい面倒くさくなってしまい買えませんでした

きちんと買うものリストを作っておかないとダメですね

こういうところが、ほどほどにドケチなところだと反省しています

「節約生活で貯金を増やすサラリーマンの家計簿」2019年9月のまとめ

節約をするべきところは節約し、お金を使うところにはしっかりとお金を使う

ではお金をつかうところとはどこか?

それは生活が豊かになる、人生が楽しくなるところだと、ほどきちは思っています

今月の黒字分、28,000円はすべて貯金に回すことができました
さらに私一人の給料で支出をまかなうことができたため、奥さんの給料は全額貯金に回せます

それでは、ほどほどに。

タイトルとURLをコピーしました