節約生活で貯金を増やすサラリーマンの家計簿(2019年11月)

家計簿 サラリーマンの家計簿

こんにちは。ほどきち(@hodokichiblog)です

2019年11月分の我が家の家計簿を公開したいと思います

今月の貯金は25,000円と予想外の黒字

11月は収入が298,000円、それに対して支出は273,000円だったので、収支は25,000円の黒字でした

前回の家計簿記事でちらっと書きましたが、11月は車検があるため、家計は相当な赤字になると思っていました

ところが、11月の家計簿を締めてみると、、、

赤字どころかなんと!!
25,000円も黒字を出すことができました!!

お、そいつはすごいな。やったじゃないか!!

自分で自分をほめたいと思います!!

それはさすがに古すぎるだろ・・・

では家計簿の内訳を見てみましょう

2019年11月2018年11月
収入298,000283,000
支出 273,000220,000
支出内訳
家賃(補助)21,00021,000
食費60,00086,000
公共料金18,00015,000
被服費7,00027,000
日用雑貨13,00023,000
娯楽費37,00035,000
車検101,0000
携帯16,00013,000
収支+25,000+63,000

新車購入後の初めての車検費用は138,742円

車を新車で購入してから早くも3年が過ぎました

今回初めての車検を受け、いったいいくらになるものか?
家計簿も大幅な赤字になってしまうのではないか?


と心配していましたが、ほどほどの金額に収まり胸をなでおろしています

車検費用としてかかったのは
法定費用として59,630円
技術料、部品料として79,112円
合計138,742円でした

このうち57,860円分は新車購入時に点検パックとしてすでに支払い済みです
また今後の3回の点検パック20,585円に加入したため、今回支払ったのは

138,742円-57,860円+20,585円=101,467円になります

車検を受けるときに気をつけること

ほどきちの年間走行距離は2万キロを超えます

これだけ長い距離を走るため、車に一番求めるのは、「安全性」になります

怖いのは「出先で整備不良で車が動かない」とか「事故につながるような車の整備トラブル」など

万が一にも車の故障がないように、新車購入時に点検パックへ加入して、半年後ごとの点検はディーラーで欠かさずに受けてきました

それでも車検のときには、営業マンはいろいろな提案をしてきます

・ランクの高いエンジンオイル
・シャーシにつける防錆剤
・後方ワイパーの交換

ほどきちは車に関しては素人ですが、一つ一つ説明を聞いたうえで、この3つはきっぱりと断りました

・エンジンオイルは質の高いものを使うよりも、こまめに交換するほうがいい
 標準のもので十分
・融雪剤による錆を防ぐ防錆剤は、降雪地域でないため不要
・後方ワイパーは使用頻度が少ないため、ダメになったら変える


こうして車検費用は、安全性を確保した上で最低限まで削りました

車検があったにも関わらず家計簿が黒字になった理由

11月は車検で多額の支出が発生することが分かっていたので、支出を抑えるべく節約術を徹底しました。ほどきちが実践している節約術です

ほどきちは楽天カードを使ったポイ活もしていますが、期間限定ポイントも残さず使いました

食費がいつもより抑えられたのは、楽天ポイントを使って食費をまかなったのが大きかったです

「節約生活で貯金を増やすサラリーマンの家計簿」2019年11月のまとめ

節約生活を実践すれば、多額の車検費用も月々の給料で賄うことができると証明できました

12月はボーナスが入るので、一気に貯金額を増やしたいと思います

それでは、ほどほどに。

タイトルとURLをコピーしました