【40代でセミリタイアを目指す】1億円を貯めるための資産運用

セミリタイア

こんにちは。ほどきち(@hodokichiblog)です

前回は、ほどきちが普通預金と定期預金でいくら資産を持っているか、 記事にしました

結果として約3,000万円の金融資産があることが分かりました

今回は株式や投資信託など、いわゆる資産運用について記事にしてみたいと思います
果たして投資金額はいくらなのか?運用成果は出ているのか?

まとめてみましたのでお付き合いください

40代のセミリタイアに必要な金額は1億円?

前回もご紹介しましたが、こちらの記事で退職後の金銭的なシミュレーションを実施しています

ごくごく簡易的な計算ではありますが、仮に5,000万円貯めて45歳でリタイアしたとすると、わずか12年で破産することになります

退職後一切働かない、生活費の水準は現在の水準の維持したまま、という極端なモデルなので、あまり当てにはできないのですが・・・

これを仮に1億円として計算しなおすと65歳で1,000万円ちょっと資産が残ります
そこから年金が支給されることを考えると、40代のセミリタイアは1億円という数字がひとつの目安になりそうです

資産運用の内訳

アメリカ株での資産運用は1560万円

ほどきちが資産運用のメインとしているのはアメリカ株です

アメ株がこけたら、ほどきちの資産運用もこけます
それほどアメ株に依存した資産運用をしています

アメリカ様、たのみますよ!!

使用している証券会社はSBI証券です
SBI証券を使うことのメリットはなんといってもドル転コストの安さですね!!

SBI銀行で外貨を購入すれば1ドル当たりわずか4銭、外貨積み立てを利用すれば1ドル当たり2銭まで下がります(2020年2月現在)
SBI銀行で購入したドルは無料でSBI証券に入金することができるので、とってもお得です

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ほどきちが投資している銘柄は以下のとおりです


評価額は約1,560万

ドルベースで見ると利益は出ているのですが、円ベースだと40万円近くの赤字という結果です
今の段階ではあまり思わしくない数字ですが、アメリカは10年後、20年後と右肩上がりに成長する、つまり株価も右肩上がりになると信じて投資を続けていきます

ほどきちが持っている銘柄を分類すると

キャピタルゲインをねらうグロース株・・アマゾン、ビザ、VOO
インカムゲインをねらう高配当株・・コカコーラ、VYM

となります
これだと余りにも鉄板すぎて、面白くないなーと思い、数日前にお遊び株としてビヨンドミートを買ってみました
結果はご覧のとおりとなっています

ボラリティ激しすぎ・・・

アメリカ株は売買手数料が高く、売却益に対する税金も取られるため、基本はホールドし続けていきます
ただ個別のグロース株については適宜利確をしていきたいと考えています

ETFについてはまだまだ投資金額が少ないため、残り1000万ぐらいは買い付けていきたいと思います

日本株での資産運用は220万円

日本株は楽天証券で運用しています

楽天証券の良いところは、サイトが見やすく使い勝手がいいところです

楽天カードと楽天証券を合わせて使うことで、楽天ポイントがざくざく貯まるのもお得です
わずか半年で3万円分以上楽天ポイントを稼いでいます。ぜひご覧ください

ほどきちは、日本株については、あまり積極的には投資していきません

今まで日本株はいろんな銘柄を売買してきましたが、ほとんど利益を出せていません
日本株とアメリカ株のチャートを見比べると一目瞭然ですが、キャピタルゲインを得やすいのは圧倒的にアメリカ株です
投資が下手な人間でも利益が出しやすい、そこにアメリカ株の魅力があります

サムティとトヨタ自動車は配当利回りがよく、しばらく持ち続けようと考えています

そしてほどきちはもう1つ、保有している銘柄があります

それは・・・

どーん!!

東京電力株です
それも震災前からのホルダーなので、取得単価がとんでもないことになっています

よくもまあ、売らずに持っているもんだ

もはやコレクションだよ

これを見るといろんな教訓が得られます

分散投資の大切さ(1つの銘柄に集中投資はしない)
損切り、早期撤退の重要性(ほったらかすのもほどほどに)
個別株のリスク


今から株を始めようという方はこの教訓をしっかりと感じ取ってください!!

以上日本株の評価額はおよそ220万円、29万円の赤字となっています

投資信託は340万円

投資信託も同じく楽天証券で運用しています

なぜ投資信託を楽天証券で続けるか?
それはご存知の方も多いと思いますが、50,000円までの楽天カード決済ならポイントがたまるからです

まさか投資信託で楽天ポイントがもらえるとは
それも1%。ちょっと信じられない大盤振る舞いです
だってリターンが+1%、約束されているということですから、もうやるしかありません

評価額は約340万、こちらは8万ほどの黒字となっています

ニッセイ外国株式インデックスファンドに毎月15万

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)に毎月10万

つみたてNISAでは eMAXIS Slim 米国株式に枠いっぱいの毎年40万円を積み立てています

積立はドルコスト平均法の恩恵を受けられるので、これからも続けていき、あと2年ほどで700万円を追加投資
そこでいったん打ち止めにしたいと思います

外貨預金は84万円

外貨預金ですが、ほどきちが持っているのはニュージーランドドルです

なんでよりよってNZドルなんだ・・・??

当時は金利が高いってことしか目に入らなかったの!!

こちらは今の状況だけ 評価額は84万円、16万円赤字となっています

-16%っておい!!

東京電力株に比べたらへいきへいき!!

運用資産の総合計

まとめると

アメリカ株 評価額1,560万、損益-40万
日本株 評価額220万、損益-29万
投資信託 評価額340万、損益+8万
外貨預金 評価額84万、損益-16万

ほどきちの運用資産の評価額は合計2,204万、損益は-77万でした
下落率は3.4%といったところです

思いっきり損してんじゃねーか!? 大丈夫かこれ!!

は、配当もあるから!!損してばっかりじゃないんだからね!!

結果金融資産と合わせるとほどきちの総資産は5,000万ちょっとといったところでした
まだまだ1億円には遠く及びません

今後も定期的に資産状況をまとめていきたいと思います

それではほどほどに。

タイトルとURLをコピーしました