【40代でセミリタイアを目指す】資産がいくらあるのか整理してみた

セミリタイア

こんにちは。ほどきち(@hodokichiblog)です

今回は以前からやりたかった金融資産の洗い出しをしたいと思います

なぜ金融資産の洗い出しが必要なのか?

先日の記事に書いたとおり、ほどきちは、近い将来セミリタイアをすることを考えています

何ヶ月か、あるいは何年か先にセミリタイアをした場合、収入は今より格段に減ってしまいます

毎月の収支をしっかり管理しないと、たちまち資産が尽きて、セミリタイア生活は行き詰ってしまうでしょう

また今の金融資産はいったいいくらあるのか、資産運用はどのように行われているのか、把握しておくこともとても大切です
ハッキリ言ってほどきちは、そこらへんをアバウトにしています

なんせほどほどなので、どうしてもざっくりになってしまうのです

ブログにアップすることで今一度整理して今後の投資方針を確認していきたいと思います

40代でセミリタイア生活をするためにはいくら必要?

そもそもセミリタイアをするためにはいくら必要なのでしょうか?

当然若いうちにセミリタイアをする場合と、ある程度年齢を重ねてからセミリタイアをする場合とでは、必要な金額は大きく変わってきます

例えば25歳で退職、その後一切仕事をしなかった場合、年金がもらえるまでに40年間あります

年間200万生活費で使ったとしても必要な金額は8,000万です

もちろん25歳で退職していますから厚生年金はほとんどもらえません。そのため65歳以上も年金だけで生活費はまかなえませんから、必要な金額は億を超えるでしょう

これに対して55歳でセミリタイアをした場合、その後一切仕事をしなかったとしても年金がもらえるまでの期間は10年間です

年間200万円の生活費とすると2,000万円あればセミリタイア生活に入れることになります

では肝心の40代はどうでしょう
下記の記事でまとめてみましたので、ぜひご覧ください

果たして定期預金はいくらあるのか?

今の時点の資産を整理するために、定期預金、株式、投資信託の状況を個別に見ていきます

まずは定期預金です

楽天銀行定期預金
SBI銀行定期預金

見づらくて申し訳ありません・・・

上が楽天銀行の定期預金で900万、下が住信SBIネット銀行の定期預金で1,400万
合計金額は2,300万円となっています


定期預金は最低2,000万円を維持するようにしています
理由は2つあります

生活防衛用の資金としての定期預金

ほどきちの場合

定期預金=生活防衛資金

と規定しています

資産運用をやっている方にはなじみのある言葉だと思いますが、生活防衛資金とは、いざというときの虎の子のお金を指します

ライフスタイルにもよりますが、毎月の生活費の半年~1年分程度とされています

仮に生活防衛資金を残さずに、投資に自分の持っているお金をすべて突っ込んでいるとしましょう
その状態で会社から解雇を言い渡されて定期収入がなくなったとしたら・・・

失業保険は解雇の場合すぐに支給されますが、給料でもらっていた収入には遠く及びません

そうなると月々の足りない生活費を工面するために、投資に突っ込んでいる資金を引き上げざるをえません

ところが、投資の種類によっては現金化するのに時間がかかるものがあります

またすぐに現金化ができたとしても、その時が世界同時不況の真っ只中、株価はリーマンショック並みに下げていて、投資資金が絶賛大幅マイナス中ということも考えられます

そんな中で投資資金を引き上げれば、大きな損失につながってしまいます

いざというときに、投資の資金を引き上げなくても済むように生活防衛資金を用意しておくことはとても大切なのです
生活防衛資金を残すというのは投資家の間では鉄則です

心の安定を保つための資金としての定期預金

生活防衛資金が必要なのは分かったが、2,000万はさすがに多すぎだろ!!という声が聞こえてきそうです
ほどきちがこれほど多額の定期預金を残しているのは、2つ目の理由、心の安定を保つためです

資産運用については後日まとめますが、国内株式や海外株式、投資信託まで含めるとおよそ2,500万ほど資産運用をしています

2019年7月現在株式市場は堅調に推移していますが、歴史が示しているとおり暴落の危険性は常にあります
2,500万の投資資金が半分以下の1,000万になる大暴落だって、いつ起きないともわかりません

某マンガのセリフを借りれば

ありえないなんてことは、ありえない

のです

今までの経験の中で200万ほどマイナスになったことがありましたが、わずか10%の損失でも精神状態はボロボロでした
いわんや50%を超える大暴落をや、です

確実にほどきちのメンタルはやられて、すべて現金化してしまうような最低最悪の行動を取ってしまうでしょう

それを防ぐためには、2,000万の安全資産という心のよりどころが必要かなあと思っています

暴落はいつかやってくるのだ・・・備えよ!!

SBI証券[旧イー・トレード証券]

まとめ

普通預金はいろんな口座に散らばっており、それがだいたい700万ほどあります

おいおい、700万も普通預金に遊ばせてるのかよ・・・

口座をまとめるのがめんどくさくって。てへぺろ

だめだ、こいつ。早くなんとかしないと・・・

ということで、ほどきち家の定期預金と普通預金は合わせて約3,000万でした

株式など資産運用の状況はこちらの記事にまとめました

それではほどほどに。

タイトルとURLをコピーしました